最近の投稿

アパートの買取依頼をする際に参考になる資料とは

アパート経営をしている場合、物件を処分するケースがあります。その際に業者に直接買取を依頼する方法があります。そのような時に、どの業者に頼めば良いのかを判断するために、オーナーとして知っておきたい知識もあります。そこでプロが用意する資料を参考に、必要な知識を深めておくことが大切です。まずアパートの買取価格を算出するための評価方法に関する資料が必要になります。一般的にアパートもマンションも、収益性を元にした評価の算出方法があります。つまり家賃収入から物件の価格を逆算するというわけです。アパートの周辺の家賃利回りと空室率に関する資料が必要になります。空室率から割り出した実質の家賃収入と、平均利回りの数値があれば適切な価格が算出できるわけです。あとはその価格で再販するために、買取をした業者はリフォームを行い、さらに利益分を確保することになります。そのリフォーム費用と利益分とを差し引いた金額で買取が行われるというわけです。次にアパートの評価価格を算出する方法として、実際の周辺での取り引き事例を参考にする方法があります。これは一般的には公表されていない情報なので、不動産会社がアクセスできるサイトから資料を引き出すことになります。周辺での取り引き数が十分にある場合に有効な方法と言えます。けれども不動産の流動性が低く、年に何回も取り引きされていないようであれば、あまり参考にはなりません。次にアパートの建物の純粋な価値を計算する方法があります。これは原価法と呼ばれるものですが、建設に必要とした価格から、減価償却を経年数に応じて差し引いて算出する方法です。木造住宅であれば22年で建物の価値はゼロになります。つまり、土地の分の価値しかなくなるというわけです。このような複数の算出方法がありますが、通常は利回りと
周辺の取り引き事例を参考にして買取金額を算出します。査定を依頼する場合には、業者それぞれがどのような形で買取金額を算出したのかを聞くために、これらの知識を得ておく必要があるというわけです。また周辺での取り引き事例は一般には調べることができません。そこでプロに依頼して調べてもらうこともできます。提示される査定金額が妥当なものであるかどうかの参考にすることができます。そのような資料があれば、依頼をする際の交渉にも役立てることができます。まずは自分で色々と調べて、どのように査定するのかを知っておくことが大事です。

経営者がアパート買取を選ぶメリット

不動産経営を考えた時、マンションやアパートを候補に選ぶことも多いと思いますが、もちろん、もうすでにアパートなどを経営している方もいらっしゃると思いますが、長年経営をしていると、建て替えするか、処分するか、判断を迫られるタイミングが必ず来ます。どちらがいいのか判断に迷うこともあると思いますが、ここでは、建て替えではなく、売主として、不動産業者などに買い取ってもらうことを決断した方に向けて、お得な買い取り業者を見つける目安になる記事を書いてみたいと思います。まず、アパートやマンションを処分する時、「売却」と「買取」の二つの方法があります。その二つのどう違うのか、比べてみましょう。まず、「売却」の場合ですが、不動産業者に仲介を依頼し、不動産業者の手によって買ってくれる相手を探してもらい、買ってくれる方が見つかり、取引が成立したら、不動産業者に手数料を支払う、というもの。それに対して「買取り」は、売りたい物件を買取り専門業者などにあなたが売り主として直接売買する、ということになります。仲介者がいるか、直接売るかの違いになります。基本的に、買取りの場合は、売却よりも少し安く取引される傾向になりますので、一般的には、売却を選ぶ方のほうが多いと思います。では、買取りを選ぶメリットはどこにあるのでしょう。まず、すぐに買い取ってくれ、基本的に現金で支払ってくれるので、現金化するまでの期間が短いことがあげられます。専門業者に頼めば、数日後には現金を手にすることができることがあります。次に、最近の買い取り専門業者さんの中には、手数料を無料としている業者さんがありますので、仲介手数料を無料にできる場合がある、ことがあげられます。そして、売却の場合、売却後一定の期間の間に、雨漏りや配管の水漏れなどの不具合が生じた場合、売主が修繕しないといけないのですが、買取りの場合はその責任は免除されますので、取引が終わった後、新たにお金が必要になることはありません。以上いくつかのメリットを挙げてきましたが、ほかにも考えられるメリットはあると思います。売却にしても、買い取ってもらうにしても、大きな金額の取引になりますので、業者さんたちから話を聞いたり、ネットで調べたり、ご自身が納得できるまで、調べつくして、処分の方法や、取引する業者を探してみるべきだと思います。アパートの処分に後悔がないよう、じっくりと検討してください。

アパート買取を業者に依頼すると売買のスピードが速い

アパート買取を不動産業者に依頼するときには売買までのスピードが速いところが良いです。不要になったアパートを広告などに掲載していると売主は外出も難しくなってしまいます。この理由に買主が現れたときに家の案内や立会いに参加する時間が多くなるためです。少しでも高く売買するには家の掃除や手入れなども必要で生活感も無くす必要があります。

家を見やすくするには売買が決まるまでは維持する必要がありますが、契約できるかは未定ですし、契約が決まっても買主の住宅ローン借入が出来ないと最初から販売活動を行う必要があります。買取を業者に依頼するとすぐに買い取ってくれるので時間も節約できて現金化が早いので次の予定も立てやすくなります。

普通にアパートを売り出して広告に出すと時間だけでなく余計な費用もかかります。不動産業者に直接買取をしてもらえば余分な負担もかかりません。また、売り出した場合は売主は買主に家の案内や立会いをすることになります。案内するときには買主も真剣に家の中を調べますし、マナーが良い人ばかりとは言い切れません。

買主から色々な質問もありますからそれに対しても答える必要があります。家のことを知らない人を何度も出迎えて案内して、質問などに答える行動は大変精神的にもストレスになります。しかし、専用の業者なら買主を探す手間や案内する必要もないので精神的なストレスもかかりません。

アパートを売却するときには個人によって色々な事情があり、それが必ずしも良い理由とは限りません。事情によっては知人や近隣には知られたくないこともあります。普通に売り出すとよく知人や隣人から、なぜ売り出すのかやいくらで売り出すのかなど質問に悩まされることも多いです。
専門業者に依頼するとスピードだけでなく仲介よりも秘密も厳守してくれるので安心して売ることが出来ます。

アパートに抵当権の設定などがあっても金融機関との打ち合わせや折衝は全て業者が代行してくれます。わかりにくい手続があっても安心して任せることが出来ます。仲介で売ったときには契約が成立しても安心できません。引渡しをした後でも買主のクレームなどがあってトラブルになる可能性もあります。仲介だと売ってから1年以内に物件に不具合や瑕疵があると売主に瑕疵担保責任が発生して修復にも多額な費用がかかることもあります。最悪になると損賠賠償問題に発展する可能性もないとはいえません。

買取だと仲介ではないため仲介手数料もかかりません。一般的に仲介手数料は成約金額の3%にプラス6万円かかるとされています。これは売買代金が400万円以上ですが、代金がそれ以上になるときには買取はアパートを売るときには大変魅力です。

「買い取り」の場合、瑕疵担保責任が免除されます。仮に物件に欠陥、瑕疵があったとしても、売り主はそれに対して責任を負う必要はないのです。

アパート買取は実績の多く信頼できる業者を選ぶこと

アパートの買い手となる業者を探しているとき、買取を行っている不動産業者であれば、どこの業者でも同じというわけではありません。それぞれの業者ごとに異なる特徴があるため、その特徴を踏まえて、安心して売却できる業者を選びましょう。

例えばアパートの買取業者が信頼できるか評価するポイントの1つに、実績が挙げられます。多くの物件を買い取ってきた実績が高ければ高いほど、利用者からの信頼も厚いということです。そのような業者に依頼することで、大切なアパートを安心して買い取ってもらうことにつながります。

また実績が多いといっても、どのような実績もいいわけではありません。実績は多いか少ないかではなく、どのような実績なのか中身も含めて確認しましょう。例えばアパートの買取が多くあるといっても、小規模なのか大規模のアパートなのかなどの違いは大切な問題です。小規模のアパートを売りたいときには、そのような規模の物件を多く扱ってきた業者を選ぶことを忘れないようにしましょう。普段扱っている件数が多い業者のほうが、高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

また業者の実績について考えるうえでは、業者が活動死している地域も大切な問題です。業者が普段から多く活動している地域にある物件であれば、その物件を正しく評価し買い取ってもらえる可能性が高まります。アパートを売却するだけでそこまで大きな差は出ないと思っている方もいますが、そのようなことはありません。買い取ってもらう業者によって値段に大きな差が出るからこそ、実績の多さを確認して、信頼できる業者を選びましょう。

さらに実績だけではなく、実際に買取業者を利用した方の口コミを参考にするのも1つの手です。実際の利用者の声を参考にすることで、利用者が満足している業者なのか情報が集められます。利用者が満足している理由には、買取価格だけではなく、担当者の対応の良さも含まれます。担当者の対応が早いか丁寧なのかという点は、気持ちよく売却の契約を交わすうえで大切な要素です。高く買い取ってもらえたとしても、あまりにも対応が悪い業者だと、後味の悪い結果となってしまいます。金額だけではなく、対応も含めて満足のいくようにするためにも、事前に業者の口コミを調べて利用者の意見を確認しましょう。口コミに関しては、同じ業者を利用しても、利用した方によって感じ方や見る視点は異なります。そこで1人の方の口コミだけではなく、複数の方の意見を参考にするのも1つの手です。

アパートの買取と売却について

新しい新居を探したいとき、一軒家にするかマンションにするか、アパートにするか考えるでしょう。
どれを選ぶにしても、価格は全然ちがいますし、居住スタイルも変わってしまいます。
毎日住む場所ですし、買取の場合だと一生のすみかにもなるかもしれませんので、慎重に選ばなければなりません。
お得にアパート買取をする場合には、購入する不動産も関係してきます。
全国にはたくさんの不動産屋がありますので、いろいろ調べてみるといいでしょう。
アパートも新規に購入するのか、中古で購入するのかによってもお得さは変わってきます。
アパート買取のコツとは、事前に買いたいと思っている地域のアパートの下見をしておくことです。
最近では、インターネットでも検索することができますので、情報を集めておくとわかりやすいでしょう。
地域の不動産屋は、担当の物件がありますので不動産屋によって値段やサービスが違っています。
どこの不動産屋でも、自分のところでお客様に加入してもらいたいと思っていますので、いくつかの不動産屋に行って別の不動産屋はいくらでしたと情報を提供するのもいいでしょう。
もしも、今住んでいるところが買取のアパートであるなら、そのアパートを売却して新しい物件を購入するのも一つの方法です。
デザイナーズ賃貸や、民泊のようにしてしまうというのも一つの手段です。
売却したお金に差額を足して新しい物件を購入することができますので、お得に購入することができます。
良い不動産業者の選び方は、やはり実際に利用している方の口コミがいいところです。
お客様は不動産業者の態度やサービスをよく見ていますので、口コミはリアルな声です。
いくつかの不動産屋を見比べて一番いいところを決めることが一番いいでしょう。
良い対応をしてくれるところは、やはり人気があります。
担当の方が素晴らしい営業マンであるか見極める方法があります。
一つは、物件の良いところだけではなく悪いところもきちんと教えてくれるところがいいでしょう。
住んでみてから気づいたのでは遅すぎますので、契約をする前に話を聞いておくことが大切です。

その他には、いろいろな情報を教えてくれるところです。
地域の不動産屋か大手の不動産屋で選ぶとするなら、大手の方がおすすめです。
契約までスムーズに進みますし、話が通じやすいので手っ取り早いでしょう。
中には強引に勧誘をしたり無理に勧めたりする悪徳な業者もありますので、きちんと見極めていくことがとても大切です。
素敵なアパートを選びましょう。

アパート買取に際し行うべき周辺調査

不動産屋のチラシ広告などに売アパートが出る事が良くあります。現在、入居者がいるアパートを丸ごと売る、という物ですが「現在、満室」とか「年利回りで14%」など一見して買い手に有利な内容が記載されていたりしますが、こういった物件は事前調査が必要です。何よりも「良い物件」であれば現在の持ち主が手放すはずが無いからですが
中には「所有者が死去し相続人が複数なので現金化したい」とか「本業の事業資金調達の為」等のやむを得ない理由による場合もあるので必ずしも全てが駄目な物件とは限りません。では一体、事前にどういう調査をすれば良いのでしょうか?

まず管轄の法務局に行き「その土地の路線価格」を調べます。その土地の地価が周辺の土地と比較して高いか低いか同じか?低い場合には問題があります。一般的に同じ地域で地価の高低差が出る場合、地価の高い所にはモラルの高い善良な人達が多く、地価の低い所には、その反対の人達が集まる傾向があるからです。周辺よりも低い地価である場合には、そのアパートの入居者はモラルが低い人が多い可能性が高くなります。土地と建物の登記を取り土地と建物の名義者が本当に売主であるかも確認します。また建物の登記年月を確認し築年数を計算してみます。広告では築10年と書いてあったけど実際には築12年であったりします。次に調べるべきは現地情報ですが、これは地元の不動産屋に聞くのが一番、確実です。全国展開しているチェーン店では無く個人商店の不動産屋を探します。個人商店の不動産屋はその場所で何十年も営業をしているので地元の事情に詳しい方が多いのです。素直に売り物件の買取を検討しているのだが良い物件かどうか?を聞いてみるのです。すると「あそこはやめといた方がいいよ。あまり風紀の良く無い所だから」とか「こないだ事故があってね。大変だったんだよ」等の現地ならではの情報が分かる事が多いです。

ここまでの調査で問題が出て来なければ現物を見に行きます。現所有者に直接、案内してもらうようにして「何故、手放したいのか?」を聞く事が肝心です。また中古物件は入手してから修繕費がかかる事が多いので、これから発生しそうな修繕費がどれくらいか? を把握するために要修繕箇所をメモし、出来れば業者から見積もりを取って金額を事前確認しておけばより良いです。そして将来に発生しそうな修繕費と見込み家賃を計算し償却にかかる年数がどれくらいか? を計算します。もちろん年数は短かい方が良いのですが最低でも5,6年、通常は10年前後の事が多いと思います。後は、それだけの年数、本当にその物件が稼働できそうかを考えてみて、大丈夫だと思えば買取を考えても良いでしょう。

何を重視してアパート買取の不動産会社を選ぶのか

アパートを買い取ってもらいたいときのポイントの1つが、何を重視して不動産会社を選びたいのかという点です。同じようにアパートを売却したいと考えている方であっても、なぜ売却したいのかという理由は異なります。その理由を元に、どのように買取の不動産会社を選んだらいいのか考えていきましょう。

アパートの買取で人々が重視する点として、どのような点が挙げられるのでしょうか。例えばお金に関する問題は、重視する方が多くなっています。お金の問題といっても、できる限り高く買い取ってもらいたいという方もいれば、多少金額が安くなっても、今すぐに現金が必要という方もいます。もし一刻も早く現金化したいと考えているのであれば、対応が早い不動産会社を選ぶことが大切です。逆に少しでも高く買い取ってほしい場合には、不動産会社の比較が欠かせません。また買取の価格について考えていくときには、あらかじめどのくらいの値段で買い取ってほしいのか、希望の価格を決めておきましょう。いくらで買い取ってほしいという自分の中の基準を作っておくことで、査定額を検討する際に役立てられます。そして査定額が高ければいいかというと、それだけで良い買取相手とは判断できません。ある程度の額が動く取引となるため、信頼できる相手か見極めることが大切です。だからこそ、取引相手を比較して選ぶことが大切なのです。

実際に不動産会社の比較では、査定額以外のポイントにも注目するようにしましょう。例えば不動産会社の実績も比較するべきポイントの1つです。実績というのは、その会社が今までどのくらいのアパートの買取に関わってきたのか知るために大切な情報です。多くの実績を持つ会社であれば、それだけアパートの扱いに慣れているということです。買取の業務に慣れていない場合、正しいアパートの価値を見極めてもらえなかったり、相場よりも安く見積もられてしまったりするケースが多くなります。(デザイナーズ賃貸やシェアハウスの場合はまた条件が変わる可能性もあります。)また契約成立後のトラブルを防ぐためにも、実績が豊富な会社か見極めることが大切です。

より良い条件で買い取ってもらうためには、担当する社員の対応を見ることも忘れてはいけません。例えば古いアパートの場合、建物のままで買い取ってもらうよりも、土地だけにして買い取ってもらうほうが良いケースも見られます。そのような提案をしてくれるのか、解体作業が入る場合には、そのような作業も含めてサポートしてもらえるか確認しましょう。

適正なアパート買取取引を行なうために

アパートという大きなお金が動くものの場合、こちら側が適正な取引方法を知らずにいたらだまされるケースも多いです。売却と違って買取の専門業者はそれほど多くはありません。自身で正しい知識を身につけておき、買取業者の言いなりとなって取引してしまわないよう注意してください。

デザイナーズ風のアパート賃貸は売却することもできます。それなら仲介業者も間に立ってくれるのでやりやすいでしょう。売却の方が高値が付きます。ただ、買取ならではのメリットもある以上は、そちらを希望する方も多いです。買取なら資金調達が最短で行なえますし、アパートが売れ残ってしまうという心配もありません。売却したという事実を他人に知られることもありません。

まずは、一連の流れを知っておきましょう。
はじめに査定業者を選び、査定を経て金額が決定します。物件引渡しのための条件確認をし、売買契約書を締結。あとは入金が確認できれば引き渡し、という流れで進むのです。

特に重要なのが査定業者選びです。一番最初のこの作業で結果がほぼ決まるといってもよいでしょう。せっかくの不動産ですから悪質な業者を選ばないように注意しましょう。インターネットなどで調べたときによく見かける業者なら安心してしまいがちですが、よく見かけるということはその分広告費に多額のお金をつぎ込んでいるということです。あなたはその広告費の分、損をするということになるのです。
それよりも、口コミ評判を見たり、実際に電話してみてその対応が気持ちよいものかどうか・質問や疑問にきちんと答えてくれているかどうか・デメリットになる部分についてもちゃんと説明してくれているかどうか、などチェックするほうがよいでしょう。不動産業界というのはあまり評判が良いとは言えない部分があるため、一つに決めず複数の業者を選択肢として持っておいたほうがよいでしょう。契約を交わしてしまう前によく調べて納得してから契約することです。

査定額についても相手の言いなりになっていてはいけません。同じくらいの物件がどれくらいで売られているか・仲介業者に依頼して売却したときの相場など事前に調べて置きましょう。売却価格の7割から8割程度が適正です。それよりも明らかに査定額が低いのであれば、その業者は辞めておいたほうがよいでしょう。もちろん、査定時には掃除を徹底しておくなどこちら側の努力も必要です。

買い取りを専門として行なっている業者に素人が対抗するのは難しいでしょうが、ある程度は知識を身に付けて望むことが必要です。

アパートの買取の交渉のポイント

アパートの売却方法は、仲介を依頼して買主を探してもらうか、不動産業者に直接買い取ってもらうかの2種類の方法があります。仲介を依頼すると高値で売れる場合がありますが、すぐに売れるとは限らないため、売却までに時間がかかることがあります。すぐにアパートを売却したい方は、不動産業者に直接買い取ってもらう方が現金化が早くなります。また、売却後の瑕疵担保責任が免除されますので、安心してアパートを手放すことができます。
アパートを不動産業者に買い取ってもらう際には、買取交渉が非常に大事になってきます。アパートを高値で売却できるかどうかは交渉次第ですので、買取交渉のコツを知っておくことが非常に大事です。
アパートを買い取ってくれる業者は複数ありますので、1社だけに依頼するのではなく、複数の不動産業者から買取価格の見積りを取得するようにします。業者に見積りを依頼する際には、他の業者にも見積りを依頼していることを伝えると、競争原理が働いて買取価格がアップする可能性があります。そのようにして取得した見積りを比較して、最も高値を提示してくれた不動産業者に買い取ってもらうと、最高値での買取が可能になります。
複数の不動産業者から見積りを取得するには、一括見積もりサイトの利用が便利です。一括見積もりサイトは無料で利用することができ、一度の手続きで複数の不動産業者に査定をしてもらうことが可能です。わざわざ不動産業者の店舗に足を運ばなくても見積りを取得することができる点が大きなメリットになります。

一般的にアパートを高値で買い取ってくれる不動産会社は、収益物件の買取を専門に行っている業者です。このような不動産業者は収益物件の購入を希望している投資家を大勢抱えており、すぐに転売することができます。不動産業者にとって収益物件を買い取ることは大きなリスクになりますが、すぐに転売できると高値での買い取りも可能になります。
収益物件を専門に取り扱っている不動産業者は、収益用不動産に関する専門知識が豊富ですので、収益不動産の転売のテクニックにも精通しています。よって、普通の不動産業者が買い取ることが難しいアパートでも買い取ってもらえる場合があります。また、収益物件を専門に取り扱っている不動産業者は資金量が豊富であるため、迅速な現金化が可能です。よって、急いで現金が必要な方にとっては大変なメリットがあり、すぐに現金を入手することが可能になります。

アパートの買取を行ってもらうときには担当者選びが重要

アパートなどの不動産を売却するときには、個人の力ではどうしようもないことがあります。そんなときには、不動産業者の力をしっかりと借りることによって、満足のいく結果を出すことができます。そのためには、アパートの買取に関する知識や不動産業者の選び方を熟知している必要があります。アパートは資産価値も大きく、買取を行ってもらうときには業者の選び方によって値段も大きく異なります。ここでミスマッチが起こってしまうと、買取をしてもらう金額が大きく下がってしまうので慎重に選びましょう。

不動産業者を選ぶときの一番のポイントは担当者です。不動産屋の評判がよくても担当をしてくれる人が優秀ではない場合には、アパートの買取も難航してしまうので見極めは大切です。いい担当者の場合は、連絡をしたらその日のうちに返信をしてくれます。電話やメールでやりとりをすることも多くなりますが、優秀な人ほど顧客の問い合わせに対してスピーディーに対応してくれます。担当者を見極めるときには、メールの返信速度や電話をどのくらいのタイミングでかけなおしてくれるかで測ってみるといいでしょう。

不動産業者に買取を行ってもらうことによって、数日で現金化できるのがメリットの一つと言えるでしょう。優秀な担当者の場合には、物件の内覧をしてもらって、契約成立までの期間が短いです。売却をするときには仲介手数料をとられますが、不動産業者に買取をしてもらうときには、仲介手数料も無料なので、アパートを持っている人にとっては大きなメリットになります。第三者の内覧をうけることもないので、他人が家のなかにあがりこんでくる心配もありません。一度だけ不動産業者に魅せれば、物件を引き渡すことができるのもメリットといえるでしょう。

気を付けなければいけないのは、担当者とのミスマッチです。契約をするときには、条件に気を付けなければいけません。物件を引き渡すときに修繕をしなければいけないケースもありますし、設備をそのまま置いておくように言われるケースもあるからです。納得のいかない部分があれば、ほかの不動産業者にも連絡をして、交渉をしてみるといいでしょう。複数の不動産をくらべながら進めていくことによって、交渉を有利に進めることができます。アパートを手放すときには、不動産業者の選び方や担当者の選び方も重要ですが、交渉術もしっかりと身に着けておくといいでしょう。また、物件は流動性のあるものなので、手放す時期を見極めることも大切です。