ホーム » Uncategorized » アパートの的確な買取金額の調べ方

最近の投稿

アパートの的確な買取金額の調べ方

アパート経営をしている人の中には、途中で売却するケースも少なくありません。老朽化により建て替えをする予算もなく、維持費もかさむことで手放す場合もあります。そこでぜひ知っておきたいのが、買取サービスに関する知識と的確な買取金額の算出方法です。アパートの買取をする不動産会社は決して多くはありませんが、投資用物件としては人気があるために一定の需要はあります。通常の売却の場合には、買い手を見つけるのは難しいものです。時間がかかることに加えて、その間の維持費用の負担もあって買取を依頼することになるわけです。その金額は、引き取った後に行うリフォーム費用と業者の利益分を差し引いたものとなります。そして知っておきたいのは、その差し引かれる前のアパートの価値の算出方法です。通常はこのような投資用物件は、利回りから的確な評価額を算出します。まず周辺相場のアパートの平均的な利回りを調べます。そして賃貸の空室率もチェックする必要があります。空室率を調べることで、実質的な家賃収入が分かるからです。あとは平均の利回りと実質の家賃収入から、買取をしてもらうアパートの価値を算出することができます。あるいは建物の価値を減価償却から求めることもできます。この場合、木造住宅の減価償却期アパート経営をしている人の中には、途中で売却するケースも少なくありません。老朽化により建て替えをする予算もなく、維持費もかさむことで手放す場合もあります。そこでぜひ知っておきたいのが、買取サービスに関する知識と的確な買取金額の算出方法です。アパートの買取をする不動産会社は決して多くはありませんが、投資用物件としては人気があるために一定の需要はあります。通常の売却の場合には、買い手を見つけるのは難しいものです。時間がかかることに加えて、その間の維持費用の負担もあって買取を依頼することになるわけです。その金額は、引き取った後に行うリフォーム費用と業者の利益分を差し引いたものとなります。そして知っておきたいのは、その差し引かれる前のアパートの価値の算出方法です。通常はこのような投資用物件は、利回りから的確な評価額を算出します。まず周辺相場のアパートの平均的な利回りを調べます。そして賃貸の空室率もチェックする必要があります。空室率を調べることで、実質的な家賃収入が分かるからです。あとは平均の利回りと実質の家賃収入から、買取をしてもらうアパートの価値を算出することができます。あるいは建物の価値を減価償却から求めることもできます。この場合、木造住宅の減価償却期間は22年であることから、毎年建物を建設するために要した費用から22分割した金額を引いていきます。つまり、22年経てば建物の価値はゼロになるというわけです。このような形であれば、的確に査定金額の目安となる額を算出できることになります。あとはそこから、リフォームに必要となる額と再販によって得る利益分を引くことで、実質的な買取の金額が出るというわけです。査定依頼をする際にはその点に考慮して検討すると良いでしょう。他にアパートを引き取ってもらう際に行ってもらうことが色々とあります。例えば銀行からの借り入れを全て返済した場合に、抵当権を外すことが必要になります。これは銀行では行わないので司法書士に依頼するなどの手続きが必要です。また借り入れの全てを返済できない場合には、無担保のローンを借り入れることになります。その際の業者を紹介してもらうといったことも必要です。できる限り低金利で借りることができる業者を紹介してもらうことが大事と言えます。このような手続きに関しても滞りなく行ってもらえるような業者を選ぶことで、手間をかけずにアパートを処分することができます。