最近の投稿

アパートの買取に関するノウハウとは

アパートの買取に関するノウハウを知っておくと、何かと役に立ちます。査定金額を提示された時に、その根拠を調べることができるようになるからです。まず投資物件としてアパートの価値を算出するために、減価償却という考え方が理解できるようになります。これは買取業者でも参考にするものですが、建物の価値を計算で算出するノウハウと言えます。例えば木造住宅となるアパートの場合、建物の寿命は22年とされています。これは耐用年数と言われるものですが、減価償却によって新築時から毎年減少すます。そして22年後にはその価値はゼロになるわけです。つまり買取価格は土地の価値分しかなくなるということになります。実際にはその評価額は他にも色んな算出方法があります。例えば、投資用物件は、利回りを元に売買価格を決めます。アパートも同じですが、まず家賃収入は築年数の経過によって減少していきます。つまり物件の価格もその家賃収入の減少に伴って減少するというわけです。さらに空室率も上昇するようになるので、まず周辺の同じくらいの築年数で空室率を調べます。それを元に実際の家賃設定から実質的な収入額を算出します。そこに利回りを充てることで、売買価格を算出することができます。この売買価格ですが、仲介によって買い手と取り引きする金額となります。買取の場合にも、引き取った業者はリフォームした後にこの価格で再販します。つまり、再販価格からリフォーム費用と業者の利益を差し引いて買取価格が決まります。

そこで少しでも高い金額で引き取ってもらうためには、リフォーム価格をいかに抑えるかがポイントになるわけです。けれども不動産会社としては、再販しやすいように少しでも付加価値をつけるようにリフォームしたいと考えます。最新の設備を取り入れれば、リフォーム費用もそれなりにかかってしまいます。そこで、販売力の高い業者を選ぶことで、それほどリフォームにお金をかけることなく済むようになります。投資物件を求めるニーズを的確に把握している業者であれば、程よいリフォームで済ませて売却することができます。また地元で長く活動している業者であれば、投資用のアパートを探す顧客を抱えている場合もあります。そのような業者を複数選んで、買取の査定金額を提示してもらうように依頼することになります。その中で最も高い金額を提示する業者に依頼することで、高値で処分することができるというわけです。

アパートの的確な買取金額の調べ方

アパート経営をしている人の中には、途中で売却するケースも少なくありません。老朽化により建て替えをする予算もなく、維持費もかさむことで手放す場合もあります。そこでぜひ知っておきたいのが、買取サービスに関する知識と的確な買取金額の算出方法です。アパートの買取をする不動産会社は決して多くはありませんが、投資用物件としては人気があるために一定の需要はあります。通常の売却の場合には、買い手を見つけるのは難しいものです。時間がかかることに加えて、その間の維持費用の負担もあって買取を依頼することになるわけです。その金額は、引き取った後に行うリフォーム費用と業者の利益分を差し引いたものとなります。そして知っておきたいのは、その差し引かれる前のアパートの価値の算出方法です。通常はこのような投資用物件は、利回りから的確な評価額を算出します。まず周辺相場のアパートの平均的な利回りを調べます。そして賃貸の空室率もチェックする必要があります。空室率を調べることで、実質的な家賃収入が分かるからです。あとは平均の利回りと実質の家賃収入から、買取をしてもらうアパートの価値を算出することができます。あるいは建物の価値を減価償却から求めることもできます。この場合、木造住宅の減価償却期アパート経営をしている人の中には、途中で売却するケースも少なくありません。老朽化により建て替えをする予算もなく、維持費もかさむことで手放す場合もあります。そこでぜひ知っておきたいのが、買取サービスに関する知識と的確な買取金額の算出方法です。アパートの買取をする不動産会社は決して多くはありませんが、投資用物件としては人気があるために一定の需要はあります。通常の売却の場合には、買い手を見つけるのは難しいものです。時間がかかることに加えて、その間の維持費用の負担もあって買取を依頼することになるわけです。その金額は、引き取った後に行うリフォーム費用と業者の利益分を差し引いたものとなります。そして知っておきたいのは、その差し引かれる前のアパートの価値の算出方法です。通常はこのような投資用物件は、利回りから的確な評価額を算出します。まず周辺相場のアパートの平均的な利回りを調べます。そして賃貸の空室率もチェックする必要があります。空室率を調べることで、実質的な家賃収入が分かるからです。あとは平均の利回りと実質の家賃収入から、買取をしてもらうアパートの価値を算出することができます。あるいは建物の価値を減価償却から求めることもできます。この場合、木造住宅の減価償却期間は22年であることから、毎年建物を建設するために要した費用から22分割した金額を引いていきます。つまり、22年経てば建物の価値はゼロになるというわけです。このような形であれば、的確に査定金額の目安となる額を算出できることになります。あとはそこから、リフォームに必要となる額と再販によって得る利益分を引くことで、実質的な買取の金額が出るというわけです。査定依頼をする際にはその点に考慮して検討すると良いでしょう。他にアパートを引き取ってもらう際に行ってもらうことが色々とあります。例えば銀行からの借り入れを全て返済した場合に、抵当権を外すことが必要になります。これは銀行では行わないので司法書士に依頼するなどの手続きが必要です。また借り入れの全てを返済できない場合には、無担保のローンを借り入れることになります。その際の業者を紹介してもらうといったことも必要です。できる限り低金利で借りることができる業者を紹介してもらうことが大事と言えます。このような手続きに関しても滞りなく行ってもらえるような業者を選ぶことで、手間をかけずにアパートを処分することができます。

ビジネスマンが保有するアパートの買取の知識

アパート経営はビジネスマンも副業として家賃収入を得ることができる人気の不動産投資です。最近ではシェアハウスや、デザイナーズ賃貸などの投資物件も増え待ている傾向にありますが、運用は管理会社に任せるので、ほとんど手間をかけることなく収益を得ることができます。そして売却によっても利益を生み出せるのもアパート経営の特徴です。あるいは築年数の経過によってメンテナンスによる維持費用がかさむようになれば、売却するケースも増えてきます。このような時にすぐに買い手が見つからない場合、買取サービスを利用するのもひとつの手段です。不動産の売却には何かと手間がかかるので、忙しいビジネスマンの場合には手軽な買取サービスを利用するケースが多いものです。そして買取依頼をする際には、複数の業者に査定を依頼することになります。この場合、売却とは異なり直接業者に引き取ってもらうので、仲介手数料はかかりません。その代わりに市場価格よりも少ない金額で買取をしてもらうことになります。というのも、業者は通常、アパートをリフォームした上で再販することになるからです。とはいっても賃借人が付いた状態で室内の改装を行うことはできないので、外装などの修復作業に留まります。そのリフォーム費用と業者の利益分とが差し引かれる形で、買取金額が決定します。つまり、いかにリフォームの費用をかけずに再販できる業者を選ぶかがポイントというわけです。そのような業者を探すためには、物件の周辺エリアに詳しい業者を探すことが大事です。土地勘があればアピールポイントを多く知っているものですし、その結果高い金額で再販することができます。またリフォームも必要最小限に留めておく経験や知識があるので、無駄にコストをかけることなく買い手を探すことができます。このような地元に詳しい業者を数社選んで、査定を依頼することになります。その上で高い査定金額を提示したところを選んで契約という流れになります。売却とは異なり、査定金額でほぼ買取が決定するので分かりやすいとも言えます。またアパートのローンが残っているような場合、引き取ってもらう金額でその残債を全て支払うことができるかどうかをチェックすることも大事です。それがもし不可能とあれば、足りない分を他で借り入れて返済する必要があります。その上でようやく全ての残債を支払い、抵当権を外すことで不動産会社にアパートを引き渡すことができます。そのためにどんな業者から無担保ローンを借りれば良いのかを相談できることも大切な要素と言えます。

競売物件となる前にアパートの買取依頼をする方法

アパート経営を行っていると、空室が増えてローン返済が滞ってしまうことがあります。このような場合、ローンの残債を一括で支払うように請求されますが、それができなければ競売物件として処分されることになります。そこで早急に処分するために買取サービスを利用すると便利です。これは不動産会社に直接アパートを引き取ってもらうものですが、一般的な売却よりも時間がかからないメリットがあります。ただし買取の場合には売却よりも安い価格で引き取ってもらうことになるので、どのような業者を選ぶかがポイントになります。その業者選びの方法ですが、まず基本的に買取業務の経験は豊富なことが条件です。買い取ったアパートはリフォームを施して再販されます。その時のリフォームにどの程度の予算をかけるのかが、買取金額に影響するからです。競売物件として処分されるよりも高い金額にはなりますが、できればローンの残債を全て支払えるくらいの額は欲しいところです。というのも、払い切ることができない残債は借金として残ることになるからです。これはオーナーにとっては大きな負担となるので、極力高い査定金額を提示する業者を探したいところです。そこでチェックするのは、これまでどのようにして買取物件を再販してきたのかということです。リフォームの内容とその費用を確認することができれば、提示される査定金額が妥当なものであるかどうかを判断することができます。

またアパートが建っている地元に詳しい業者の方が安心できます。そのエリアで物件を探している顧客を抱えている可能性が高いからです。そしてリフォームを行う際の工事費用を安く抑えるために施工業者との付き合いも長いところが多くみられます。その結果、リフォームコストを抑えて買取金額を高くすることができるわけです。複数の業者に査定を依頼して価格を比較すれば、どこが最も高く引き取ってくれるのかを確認することができます。次にその金額が妥当なものであるかどうかを自分なりに調べることも大事です。査定は減価償却によって算出したのか、それとも利回りを計算して計算したものなのかを知るというわけです。または周辺での取り引き事例を参考にして算出する方法もあります。例えば周辺の取り引き事例を参考にしたという場合でも、そもそも取り引きがほとんど無いようであれば参考にはなりません。そのような点に注意しながらチェックしてみることが大切です。

アパートや土地買取であれば人気の店以外でも良い。

アパート経営をしていると、途中で売却するケースが出てきます。新築当初は高い家賃設定でも満室になるものですが、築年数が経過すると建物は次第に劣化しますし、賃借人を埋めるために家賃も下げることになります。それでも空室が出るようになりますし、利回りの低下につながっていきます。そこで10年ほど経てば、改装して運用を続けるか、それとも売却するかの選択肢を迫られることになります。すぐにでも手放したい時には、買取サービスを利用する方法があります。買取サービスは不動産会社に直接購入してもらうことになりますが、仲介手数料が不要となることがメリットと言えます。またすぐに取り引きが成立するので、処分も早くに済ませられます。その際の業者選びでは、適切な買取価格を提示しているかどうかを調査することが必要です。というのも、このサービスは相場より数割安い価格となるために、適正なものであるかどうかをチェックする必要があるからです。調査に必要なデータは周辺の同じような築年数のアパートでの利回りと空室率です。例えば築10年の場合、空室率もそれなりの数値となりますし利回りも新築時と比べると低下します。その数値を元にすれば、自分が保有するアパートの評価額がどの程度になるのかを知ることができます。ただし買取の場合には、そこから様々な金額が差し引かれることになります。まず業者が再販する前に行うリフォームの費用があります。多くの場合は賃借人が住んでいる状態で引き渡すので、外観の手入れがメインとなります。外壁や屋根の補修をして、雨漏りを防ぐようにするわけです。その費用をいかに抑えることができるかによって、買取の金額も増えるようになります。そこで複数の業者に査定を依頼する際に、その根拠となるデータと共にどの程度の補修を行うのかを聞いておくことが大事です。それによってその提示金額が適正なものかどうかをチェックすることができます。また、中には利回りの低下によって、ローンの返済が滞る場合もあります。

そのような時には早急に処分する必要があります。いわゆる任意売却ですが、そのような場合にも売却よりも買取の方が向いていると言えます。その際に、ローンの残債を全て支払うことができないことがあります。そのような時には債権者と交渉して残りの残債を分割で支払う契約を交わすことになります。そのような手続きも代行して行える業者を選ぶことが大事です。

10年経ったアパートの買取を依頼できる業者の選び方

アパート経営をしていると、途中で売却するケースが出てきます。新築当初は高い家賃設定でも満室になるものですが、築年数が経過すると建物は次第に劣化しますし、賃借人を埋めるために家賃も下げることになります。それでも空室が出るようになりますし、利回りの低下につながっていきます。そこで10年ほど経てば、改装して運用を続けるか、それとも売却するかの選択肢を迫られることになります。すぐにでも手放したい時には、買取サービスを利用する方法があります。買取サービスは不動産会社に直接購入してもらうことになりますが、仲介手数料が不要となることがメリットと言えます。またすぐに取り引きが成立するので、処分も早くに済ませられます。その際の業者選びでは、適切な買取価格を提示しているかどうかを調査することが必要です。というのも、このサービスは相場より数割安い価格となるために、適正なものであるかどうかをチェックする必要があるからです。調査に必要なデータは周辺の同じような築年数のアパートでの利回りと空室率です。例えば築10年の場合、空室率もそれなりの数値となりますし利回りも新築時と比べると低下します。その数値を元にすれば、自分が保有するアパートの評価額がどの程度になるのかを知ることができます。ただし買取の場合には、そこから様々な金額が差し引かれることになります。まず業者が再販する前に行うリフォームの費用があります。多くの場合は賃借人が住んでいる状態で引き渡すので、外観の手入れがメインとなります。外壁や屋根の補修をして、雨漏りを防ぐようにするわけです。その費用をいかに抑えることができるかによって、買取の金額も増えるようになります。そこで複数の業者に査定を依頼する際に、その根拠となるデータと共にどの程度の補修を行うのかを聞いておくことが大事です。それによってその提示金額が適正なものかどうかをチェックすることができます。また、中には利回りの低下によって、ローンの返済が滞る場合もあります。

そのような時には早急に処分する必要があります。いわゆる任意売却ですが、そのような場合にも売却よりも買取の方が向いていると言えます。その際に、ローンの残債を全て支払うことができないことがあります。そのような時には債権者と交渉して残りの残債を分割で支払う契約を交わすことになります。そのような手続きも代行して行える業者を選ぶことが大事です。

アパート買取 売り主が売却するきっかけとは

アパートを持っていて売り主が買取や売却を考えるきっかけには色々な事情があります。例え売るときには全て空室にしたほうが買ってもらえる可能性がありますし、土地が広くて建物が小さい場合は更地のほうがより売りやすいです。

ただ売り主の都合で入居者に出てもらい更地にして売却や買取をするにも、長く入居している人を退去させるのはかなり難しいです。とくに空き室が中途半端にあると投資家しか買わないため売りにくいです。

アパートの持ち主が売ることを考えるきっかけには、持ち主が高齢になり運用が難しくなったり、維持管理などが面倒などの理由もあります。他にも後継者がいなくて建替えもしない予定の場合や投下資金を回収して老朽化が進んで修繕費が高くなる前に手放したいと考えている場合もあります。

アパートを維持するにも経年劣化で修繕費用がかかりクレームも増えてくるなら、早く売ってしまうほうが良い場合もあります。また、相続や税金対策、教育費用や事業資金確保、減価償却と借入金利子の減少で起こるデットクロスで期末決算を控えての赤字処分の決済処理などもあります。

そして、アパート買取の本当の理由はよく何かの事情により現金が必要になったときです。売り主が事業資金を得るために現金が必要になったなど、急に現金が必要になったときに売却を考えるきっかけになるようです。

このような事情で売られた物件だと買う人からすると入居率も良くて、たくさんの家賃収入が入っていても売り出されているので疑問に感じることが多いようです。この場合の原因で考えられるのは経営の失敗などです。

本当の理由は売り主が話さない限りは周囲にはわかりませんが、入居者に問題があるときや建物老朽化での修繕費用の負担が大きくなっていても、管理会社に委託しているときは大家にとって必要な業務は家賃通帳の入金管理ぐらいなので、収入が多いなら売却する必要はありません。

それでも売らなければならない理由として考えられるのはやはり現金がどうしても必要になったためといえます。
売却する理由はそれぞれ様々ですが買取だとこんな場合に向いています。

直接不動産業者が買い取ってくれるのですぐに現金化も可能ですし、不動産業者への交渉時間がとれない事情があるときや、既に他の業者へ仲介をしていても売却が成立していない場合や誰にも知られることなく不動産売却を済ませたいときにもおすすめです。

これ以外にもほかにも売りたい土地に土地勘がなくて不動産の伝が無いときや、潤沢に資金を回したいときにも不動産買取が良いです。

アパートの買取時には見積り条件をすべて明示してもらう

アパートの買取をしてもらうときは、不動産屋に見積もりを出してもらいましょう。いくつかの不動産会社に見積もりを出してもらったうえで、価格が高いところに決めるというのも大切です。

新しい住居が決まっていて、売却を急いでいない場合はゆっくり構えるのも一つの方法でしょう。しかし、そこに住んでいる状態であれば、実際に売れないと行動に移しにくい側面もあります。

実際に住んでいなくても、家は早く売却したほうが、価格が高いのが一般的です。また、リノベーションなどを施しデザイナーズ賃貸として運用するなどの方法もあります。そのため、長い時間がかかればそれだけ価値が下がってしまいます。また、アパートの個別の部屋ではなく、棟全体で売却するためには、一般の購入客とは客層が違うでしょう。

そのため、住居用であれば、一般の客にターゲットを絞った不動産屋を選びます。そして、棟ごとの売却であれば、アパートを投資対象として扱っている客層に顔が広い不動産を検討する必要があるでしょう。

最終的に価格を決定するのは売り主です。アパートの部屋の売却では土地の価格を加算しないため、一軒家に比べて価格がわかりにくいという側面もあるでしょう。そのため、見積もりを出してもらうために、評価額など価格を決めるに至った条件をすべて明示してもらうと分かりやすくなります。

査定を出してもらい話を聞き、信頼できそうな不動産屋に頼むというのがベターですが、買取をしてほしいアパートの近隣にある物件の販売価格を調べておき、自分でこれくらいで売りたいという価格を決めておくのも不動産会社を選ぶときに有効です。

自分で価格を出しておいた場合は、不動産屋との価格に差があれば、その理由をすべて明示してもらうと納得しやすいでしょう。

売却する値を決め、不動産屋と契約を結びます。そのときに、複数の不動産屋と仲介を頼みたいときには一般媒介契約を、その不動産屋に頼みたいというときは専任媒介契約を結ぶ必要があるでしょう。一般的に専属専任媒介契約か専任媒介契約を結んだほうが、売却に力を入れてくれます。

契約後に実際に売却できる状態になります。不動産屋が広告を載せ、広報活動をしてくれるでしょう。そのアパートに住んでいる状態であれば、いつでも購入希望者が家の中を見られるように綺麗にしておくことが必要です。

実際に売却をして売買契約を締結しましょう。そのときに決まった条件によって、様々な手続きを終えた後、引き渡しが完了します。その後、不動産屋に仲介手数料を支払い、契約が完了するでしょう。

投資家がお得なアパート買取を選ぶならば

アパートを賃貸経営に利用している投資家の方の中でも、アパートを手放そうと考えている方もいるでしょう。そういった場合には、買取業者を利用すると良いでしょう。なかなか個人の間では買い手が付きづらいですが、業者ならば買取対象としていることが多く、すぐに現金で支払ってもらうこともできるというメリットがあります。すぐに売れるということは、投資家にとっても納得でいるポイントといえます。
そして、アパートの買取をしている不動産業者はたくさんありますが、その中でどこを利用するのかを選ぶ際には、色々と業者を調べることも良いですが、端的に査定をしてもらって高いところを選ぶのがおすすめです。どうせ手放すのであれば、安いところよりも高いところを利用したいというのが普通の感覚です。仲介を依頼する場合と違って、買取の場合はその後の関係も希薄になるため、最低限評判が悪くないかどうかさえ調べて、あとはその査定の額で選ぶというのが、ネストな選択です。
査定は、どこの業者でも無料で行っています。ネットだけの机上の査定をしているところも多いです。デザイナーズ賃貸の査定が難しいなどの風潮も最近はあります。もちろん、最終的には実際に建物を見てもらったうえで具体的な価格は決まりますが、この段階でも過去の取引実例や近傍同種の建物の価格などを勘案したうえで査定がされるため、それなりに正確な査定をしてもらうことが可能です。いくつかの業者を比べる際に有効に活用すると良いでしょう。実際に来てもらう場合も、机上の査定も、いずれも費用は掛かりませんし、それをしてもらったからといって売らなければならないわけでもありません。不動産の取引は高額になるため、じっくりと考えるためにも複数の業者を利用するのが最善といえます。

その他、一括見積をしてもらえるサイトもあります。これは、登録されている業者に対して見積もりを出してもらえるサービスで、同じく無料で利用できます。これも実査定ではありませんし、実際に買取をしてもらう前には直接建物を見てもらうことになります。しかし、前述のように、業者は机上だけの査定でもある程度の評価をすることは可能となっているため、これを指標としてもそれなりに正確な数字を知ることができます。気になるのであれば、いくつかの業者に実際の建物を見たうえでの査定を出してもらえばよいですし、その前にいくつかの業者に絞り込むことができるので、活用して損は有りません。アパートの買取をしてもらう際にはぜひ活用してください。

投資対象にならなくなったアパートの買取

築年数が経っていたり、昭和56年以前の旧耐震基準をもとに建てられたアパートを買取しない業者は多いです。
不動産投資をしている場合の物件は、古くなると賃貸人が入りにくく、空室率が高くなってしまうので収益が悪化してしまうことが多いです。この場合は立ち退きや解体をすることを条件に買取業者もいますが、それができないと対応してもらえないこともあります。
こういうアパートはどんな業者なら高く買取してくれるかというと、自社の収益物件として購入するところです。建売住宅やアパートの用地として使うために買うのではなく、古いアパートでもリフォームやリノベーションを前提としている業者なら、高く引き取ってくれる可能性が高くなります。
買取業者によって契約条件は様々なので、よく確認しておく必要があります。売りやすいのは、賃貸人が入ったまま現在の状況のまま現金決済してくれる業者です。欠陥やその他の私道のトラブルがあると売りにくいですが、不動産買取専門業者であればスムーズに話がまとまりやすいです。土地の形が悪かったり、再建築ができない場所でも個人の買主より高く買取ってくれるケースが多いです。専門家に売れば一番楽ということです。
どの業者が一番高く引き取ってくれるかですが、これは業者の目的によって異なります。そのまま物件をリフォームやリノベーションをして再利用しようとしている業者、大きいアパートや用地を探している業者、小さい建物でリノベーション済みの物件を探している業者など様々な種類があるので、まずは不動産業者に査定依頼を3?4社程度申し込んでみるといいでしょう。その中から比較して、一番高く買ってくれそうな業者に頼むといいです。
どれくらいの値段が妥当かは、不動産業者に売却する場合は仲介手数料や測量費が無料というのが普通です。希望の売却価格の試算は、賃貸人がついている場合は収益還元法を使って評価します。査定額=年間家賃収益÷表面利回り、となります。
ただし、建物の劣化状況や築年数、周辺環境などプラスマイナス要因があるので、これも足したり引いたりしながら算定します。値段が下がりやすいのは、再建築不可物件や、そのままだと人に貸せないような劣化具合の物件です。
投資対象にならなくなってしまった物件は、できるだけ良い条件で引き取ってくれる業者に売ってしまった方がいいでしょう。それを元手にして他の収益物件を探すこともできます。